ブータンにおける組積構造建築の地震リスク評価と減災技術の開発プロジェクト

(The Project for Evaluation and Mitigation of Seismic Risk For Composite Masonry Buildings in Bhutan)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ブータン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年4月〜2022年3月
事業
技術協力
課題
都市開発・地域開発

プロジェクトの紹介

ブータンでは、ほとんどの民家と公共施設が伝統建築である版築あるいは割り石積により建てられています。ブータンの伝統建築は地震に弱く、過去に発生した地震で国内の同建築物が倒壊・半壊したことから、伝統建築物の耐震性能向上のための施策が不可欠との認識が広がっています。この協力では、SATREPS(注)事業として、同国の版築・石積建築に関する実効性のある耐震化指針の作成を軸に、既存の災害管理行政の枠組みをベースに教育プログラムの開発・実施を行います。これにより、同国の複合組積建築物の地震減災にかかる政府関係機関の能力強化に寄与します。
(注)地球規模課題対応国際科学技術プログラム

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報