ブータンにおける組積構造建築の地震リスク評価と減災技術の開発プロジェクト

 英語

ブータンでは、首都をはじめとする一部の市街地で鉄筋コンクリート建築や煉瓦建築がみられる以外、ほとんどの民家と公共施設が版築あるいは割り石積により建てられている。こういった伝統建築は地震に弱く、過去に、ブータン東部(2009年9月21日M6.1)とインド−ネパール国境地域(2011年9月18日M6.9)で発生した地震により、国内の多くの版築・石積建築が倒壊・半壊した。そのため、伝統建築物の耐震性能向上のための施策が不可欠との認識が官民に広がっている。
既に2009年の地震直後から、閣議決定により組織されたテクニカルワーキンググループなどが、版築・石積建築の耐震性能向上指針の作成を試みてき…

更新情報

2021年11月26日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年10月25日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年9月17日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年8月19日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年7月15日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ブータン
課題:
都市開発・地域開発
署名日:
2016年11月9日
協力期間:
2017年4月1日から2022年3月31日
相手国機関名:
内務文化省災害管理局
内務文化省文化局
公共事業省技術支援局
経済省地質鉱山局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。