ウッタラカンド州山地災害対策プロジェクト

The Project for Natural Disaster Management in Forest Areas in Uttarakhand

実施中案件

国名
インド
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2017年3月〜2022年3月

プロジェクト紹介

インドのウッタラカンド州では、2013年3月の豪雨により大規模な洪水と土砂崩れが発生し、4,200もの村落が被災、6,000人もの死者と行方不明者を出すという同国では未曽有の山地災害となりました。洪水により斜面崩壊した場所は、ウッタラカンド州森林局(UKFD)が管理する森林地域で発生しており、治山技術を用いた森林復旧、防災、減災対策が求められているものの、そのための技術体系および組織体制は整備されていません。この協力では、同州に適合した治山技術の開発、UKFDと他の関係機関職員の知識・能力の向上、開発された治山技術の州内およびウッタラカンド州と同様の条件を有するヒマラヤ地域他州への共有を通じ、同州をモデルとして治山技術を用いた山地災害対策の実施体制確立を図ります。これにより、同州の治山事業の適切な実施およびヒマラヤ地域他州の治山の知識・技術の普及に寄与します。

フェイスブック

事業評価

協力現場の写真

  • 2017年7月末に開設されたプロジェクト事務所(写真提供:北浦 眞吾) 

  • 2017年8月11日にデリーで開催された第1回合同調整会議(JCC)の様子(写真提供:北浦 眞吾) 

  • 本プロジェクトでモデル的に崩壊地の復旧工事を実施するモデルサイト1(Nirgad)(写真提供:北浦 眞吾) 

  • 同じくモデルサイト2(Jawadi2)(写真提供:北浦 眞吾) 

  • 同じくモデルサイト3(Padli)(写真提供:北浦 眞吾) 

  • ウッタラカンド州森林環境大臣一行が我が国の治山技術を視察するため訪日。その際、JICA本部を表敬訪問(写真提供:北浦 眞吾) 

  • 林野庁へも表敬訪問。写真中央は沖林野庁長官、中央右はハラク森林環境大臣、中央左は、ラムズワミィ首席次官(写真提供:北浦 眞吾) 

  • 林野庁大井川治山センター実施の治山ダムの視察先において(写真提供:北浦 眞吾) 

  • 視察先で、安全対策についての説明を受けるハラク森林環境大臣(写真提供:北浦 眞吾) 

  • 2017年9月11日にウッタラカンド州防災局が開催した「斜面安定に係るワークショップ」において本プロジェクトの横尾専門家が取組みを紹介(写真提供:北浦 眞吾) 

関連情報