電力マスタープラン2040策定プロジェクト

Project on Power System Master Plan 2040 in Royal Government of Bhutan

実施中案件

国名
ブータン
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー
協力期間
2017年12月〜2019年12月

プロジェクト紹介

ブータンの国家財政は、水力発電の事業税収や売電収入により支えられており、国家歳入の約20パーセント、GDPの約15パーセントを水力発電分野が占めています。同国は2003年に策定された電力マスタープラン(PSMP)に基づき、水力発電開発を進めていますが、水文・気象データの蓄積が進むとともに、環境社会配慮を最大限考慮した開発の促進が求められているなど、水力発電の開発を取り巻く外部条件・環境が大きく変化していることから、PSMPの改訂が喫緊の課題となっています。この協力では、同国においてPSMP策定を支援しつつ、水力発電・電気系統局職員のPSMP策定の能力強化を図ります。これにより、最適計画に基づいた水力発電および電力系統が開発、整備され、持続可能な経済の発展に寄与します。

事業評価

協力現場の写真

  • 研修の様子(Hydro planning) 

  • 研修の様子(Hydro planning) 

  • 研修の様子(PSSE) 

  • 現場調査(Chhukha-Guest house) 

  • 現場調査(Kuri Gongri-1) 

  • 現場調査(Kuri Gongri-1) 

  • 現場調査(Nikachhu Adit) 

  • 打合せ(DHPS MoEA) 

  • 打合せ(MCA Discussion) 

  • 本邦研修(八ッ場ダム) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。