電力マスタープラン策定プロジェクト

The Project for "Integrated Master Plan on Mozambique Power System Development" in the Republic of Mozambique

実施中案件

国名
モザンビーク
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー
協力期間
2016年12月〜2018年11月

プロジェクト紹介

モザンビークでは近年電力需要が伸びており、ピーク需要に対応できず停電が頻発しています。不足分は南部アフリカのパワープールから輸入しているものの、国内の電力系統は南部系統と中・北部系統に分離されており、電力融通を行うことができません。このため適切な需要見通しとエネルギー供給計画に基づく電力マスタープランが必要ですが、現状のマスタープラン(2014年)では、特に中長期的な最適電源開発計画が不十分です。この協力では、電力マスタープランを策定しつつ、モザンビーク電力公社職員の計画策定能力強化を図り、安定的な電力供給に寄与します。

協力地域地図

電力マスタープラン策定プロジェクトの協力地域の地図

協力現場の写真

  • 調査結果を広く共有するセミナー(写真提供:(株)JERA) 

  • 電源開発計画策定におけるシミュレーションツール使用能力強化(写真提供:(株)JERA) 

  • 給電制御所現場調査(写真提供:(株)JERA) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。