タライ平野灌漑農業振興プロジェクト

Project for the Promotion of Irrigated Agriculture in Terai Plain

実施中案件

国名
ネパール
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2019年3月〜2025年3月

プロジェクト紹介

ネパール南部のタライ平野は、肥沃な土壌と水資源に恵まれ、同国の全耕作面積の5割、全灌漑面積の8割を占める穀倉地帯で、コメ・コムギ・野菜等が生産されています。同国政府は、長年にわたり灌漑施設の整備に取り組んでいますが、政府機関や水利組合による施設の運転・維持管理、適正な水利用、水利費徴収等が不十分であり、灌漑施設が機能を十分発揮できていないため、関連組織の能力強化が重要課題となっています。この協力は、カンカイ灌漑地区において、連邦政府、州政府、地方政府、及び水利組合の共同によって、灌漑施設の運転・維持管理改善や営農改善に取り組むことにより、灌漑農業振興モデル(注)の開発を図り、同平野の大規模灌漑地区における持続的な灌漑農業振興の普及・実践に寄与します。
(注)公平で適切な水配分を達成するために、持続的な灌漑施設の維持管理と営農活動を推進するモデル。

協力地域地図

タライ平野灌漑農業振興プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • カンカイ灌漑地区の幹線水路にてゲートキーパーに現況の水管理方法の聞取り(2021年9月) 

  • 水利組合メンバーに三次水路始点に設置された量水施設の利用状況について聞取り(2021年9月) 

  • 灌漑地区内に設置された圃場内水路と分水ボックスの現場調査(2021年9月) 

  • 水利組合メンバーに対する現状の水配分方法の聞取り(Shivasatakshi市、二次水路組合No.1)(2021年9月) 

  • 市場志向型農業促進のためのCAPアプローチにおけるTOT研修の様子(2021年9月) 

  • 市場志向型農業促進のためのCAPアプローチにおけるTOT研修の様子(2021年9月) 

  • カンカイ灌漑地区の農家へのベースライン調査(2021年9月) 

  • カンカイ灌漑地区の農家へのベースライン調査(2021年9月) 

  • アクションプラン最終化ワークショップ(第一段階)における参加者集合写真(2020年1月) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。