大アビジャン圏社会的統合促進のためのコミュニティ強化プロジェクト フェーズ2

(Project for community reinforcement towards social cohesion in Grand Abidjan Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
コートジボワール [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年10月〜2021年6月
事業
技術協力
課題
平和構築

プロジェクトの紹介

コートジボワールの大アビジャン圏では、2010年の大統領選後、アボボコミューン及びヨプゴンコミューンにおいて現体制支持派と旧体制支持派間の対立が騒乱に発展し、インフラの破壊や政治的分裂・住民間の関係が悪化していました。日本は、このプロジェクトの前フェーズにおいてインフラの整備を通じた社会統合を促進する支援を実施しましたが、対象地域が限定的であったたため、より広範囲に社会統合を促進させる必要があります。この協力では、2つのコミューンにおいて公平性や透明性を確保した計画策定、包括性に配慮した公共事業の実施管理・住民参加を含めた施設の有効活用に関する手法を確立・定着させることにより、社会的統合の促進に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報