村落及びコンセッションとのアグロフォレストリー・森林保全活動

PIREDD Kwilu1では、2023年後半から2024年にかけての雨期での樹木植栽を希望する新規のアグロフォレストリーサイトに対する、州技術部局の職員(技術官)によるOJTを実施するためのトレーニングを行っています。Kwilu州を5分割しているテリトワールをさらに細分化した行政区画セクターにおいて、セクターレベルの技術官に対してCLIP2・メモランダムの取り付けに関する集中研修を開催しました。そして、これらの技術官が新規のアグフォレストリーサイトでCLIPとメモランダムを取り付けるための現場巡回を行いました。

また、活動を通して参加者や地域からの苦情を受けることもあり、プロジェクトでは、苦情処理メカニズムに則りこれらの管理・予防を行っています。10月には既往の苦情について現状確認調査を行いました。

【画像】

写真: セクターレベル技術官へのトレーニングの様子

【画像】

写真:苦情対応のための現状確認調査


1 PIREDD Kwilu:Programme intégré REDD+ Kwilu/Kwilu州におけるREDD+統合プログラム
2 CLIP:Consentement libre, informé et préalable/自由意思による、事前の、十分な情報に基づく同意