国家森林モニタリングシステム運用・REDD+パイロットプロジェクト

Project for Operationalization of the National Forest Monitoring System and REDD+ Pilot

実施中案件

国名
コンゴ民主共和国
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2019年4月〜2024年3月

プロジェクト紹介

アマゾンと並んで地球の片肺と称されるコンゴ盆地の熱帯雨林。その約6割がコンゴ民主共和国に属しており、同国の森林の保全は、国際的にも解決が急がれる課題です。同国では、商業伐採や違法伐採、鉱山開発などにより年間31万ヘクタール以上の森林が失われていると言われています。同国の持続的な森林管理の能力強化のため、JICAは2012年から2017年にかけて、旧バンドゥンドゥ州を対象に、国家森林モニタリングシステム(NFMS)の基礎となる森林地図作成や地上調査の実施、森林参照排出レベル(FREL)の開発等を行いました。それに続く本協力では、NFMSの運用及びクウィル州を対象とした森林減少・劣化抑制を行うための州レベルのREDD+パイロット事業に取り組み、環境・持続的開発省及びクウィル州のREDD+を通じた持続的森林管理の能力強化を図ります。なお、州でのREDD+パイロット実施では中部アフリカ森林イニシアティブ(CAFI)の受託資金を活用しており、成果のスケールアップを図ります。

協力地域地図

国家森林モニタリングシステム運用・REDD+パイロットプロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • NFMS活動のリモートセンシングOJT研修の様子 

  • Kikwitスタッフと再委託先NGO技術者 

  • Kikwit周辺の焼畑 

  • NFMSプラットフォーム-FRELに関するワーキンググループ(Kisantuでのワークショップ) 

  • 州関係者へのプロジェクト説明ワークショップ(Bandundu市)での集合写真 

  • 森林伐採を伴う焼畑耕作 

  • 村落住民とのヒアリングMulemba-Kimbinga村 

  • 村落苗畑(Fula村) 

  • 農地開拓と木炭生産のための森林伐採 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。