アグロフォレストリーによるCO2除去(炭素固定)量の測定法の検討

PIREDD Kwilu1では、REDD+活動に伴うCO2排出削減量の測定とモニタリングに関する研修を行う予定です。このうち、アグロフォレストリーによるCO2除去(炭素固定)量の測定法について、住民参加による現地調査を含むKwilu州政府による実施も想定して、簡易的な手法の開発を始めています。2022年9~10月には地域コミュニティが参加してトライアルを行いました。
これに関連して、2024年2月には、当事業開始時に行われたアグロフォレストリーサイトの炭素固定量の試算で使用された値を検証しました。

【画像】

写真:住民が樹高を測定するための道具の作成(2022年)

【画像】

写真:住民による直径の測定(巻き尺による周囲の測定)(2022年)


1 PIREDD Kwilu:Programme intégré REDD+ Kwilu/Kwilu州におけるREDD+統合プログラム