太平洋気候変動センター建設計画

(The Project for Construction of the Pacific Climate Change Center)

【写真】プロジェクトの様子

国名
サモア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2017年2月
事業
無償資金協力
供与額
9.62億円
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

太平洋州地域に散在する極小な島しょ国は、自然災害に対して極めて脆弱です。気候変動に伴い、今後更なる自然災害の頻発・激甚化が懸念されており、気候変動・防災対策に資する域内拠点の整備と、関連人材の育成が急務です。しかし、サモアに本部を構える国際機関である太平洋地域環境計画事務局(SPREP)は、人材育成拠点としての十分な収容能力、設備を整えた研修施設を有していないため、応えられない状況です。この協力では、SPREPに研修施設等となる太平洋気候変動センターを整備します。これにより、同事務局の気候変動業務の強化、同地域における各国の人材育成を図り、環境・気候変動に対する強靭性の向上性に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報