コスティ市浄水場施設改善計画

The Project for Improvement of Water Treatment Plant in Kosti City

実施中案件

国名
スーダン
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2015年12月
供与額
40.87億円

プロジェクト紹介

スーダンの白ナイル州最大の人口を抱えるコスティ市は、南スーダンやダルフール地方からの避難民の流入により給水需要が増加しています。しかしながら、1942年に建設された既存浄水場は施設の老朽化が著しく、ろ過機能の低下などの問題を抱えています。この協力では、同市において、取水施設、導水管、浄水場(急速ろ過法)、排水施設、配水管(ダクタイル鋳鉄管、延長760メートル)などの整備を支援します。これにより、同市の住民に対する安全かつ安定した水供給を図り、公衆衛生の向上と生活環境の改善に寄与します。

協力地域地図

コスティ市浄水場施設改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 既存取水施設Aの状況:躯体・電気、機械設備共に劣化が著しい。(協力実施前撮影、以下2〜10まで同様) 

  • 既存取水施設Cの状況:躯体・電気、機械設備共に劣化が著しい。 

  • 原水水質 

  • 既存導水施設のバルブボックスは排水機能がないため、水が貯まっている。 

  • 既存浄水場施設の状況:故障が多く、浄水場としての機能を果たしていない。 

  • 既存浄水場施設の状況:故障が多く、浄水場としての機能を果たしていない。 

  • 既存浄水場施設の状況:故障が多く、浄水場としての機能を果たしていない。 

  • 既存配水ポンプ施設は、維持管理が十分行われていないため、故障が多い。また、電気配線もむき出しになっており、危険である。 

  • 給水ポイントの状況:ロバの水売り業者が水を汲みにきている。給水ポイントの周りが養生されていないため、排水が貯まっている。 

  • 新規浄水場建設予定地:取水施設の近くに位置する。 

関連情報