包摂的な教育の推進のための中等学校建設計画

(The Project for Construction of Secondary Schools Aimed at Promoting Inclusive Education)

【写真】プロジェクトの様子

国名
スワジランド [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2017年6月
事業
無償資金協力
供与額
17.23億円
課題
教育

プロジェクトの紹介

スワジランド政府は「性別、生活習慣、健康、障害の有無、学習能力、経済力等の条件によらず全ての子どもの就学ニーズに応じる」ことをインクルーシブ教育と定義し、全教育段階において、物理的に可能な限り全ての子どもが普通校で学ぶことを目指しています。モデル小学校は9校あるものの、中等学校は1校のみで、厳しい財政状況により整備が遅れています。この協力では、インクルーシブな教育推進のための中等学校を4校建設し(段差の解消やスロープの設置。障害に配慮したトイレの整備等、校内のバリアフリー化。)、機材を整備します。これにより、障害をもつ子どもにも配慮した学習環境の向上を図り、全ての子どもが普通校で学べる環境整備及び人材育成と社会的弱者の基礎生活の向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報