ルワマガナ郡灌漑施設改修計画

The Project for Rehabilitation of Irrigation Facilities in Rwamagana District

実施中案件

国名
ルワンダ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
農業開発/農村開発
贈与契約(G/A)締結
2017年3月
供与額
20.77億円

プロジェクト紹介

ルワンダ共和国において農業セクターはGDPの約30パーセント(2017年、ルワンダ統計局)を占める主要産業で、全就労人口の約68パーセント(2014年、ルワンダ統計局)が従事しています。同国では、天水農業が大部分を占めているため気候変化に影響を受けやすく、農業生産性を向上させるためには、灌漑開発を開発最優先課題と掲げています。水田稲作の適地とされる同国東部県のルワマガナ郡では、1980年代から灌漑施設を活用していますが、近年施設の老朽化による機能低下が起こっています。この協力では、既存の低湿地灌漑施設の改修を行います。これにより、灌漑機能回復・改善を図り、同国の農業開発に寄与します。

事業評価

協力現場の写真

  • チミマため池 バルブ室 

  • チミマため池 灌漑水路 

  • ブググため池 既存堤体 

  • ブググため池 灌漑水路 

  • ガシャラため池 既存堤体 

  • ガシャラため池 バルブ室 

  • チャルホゴため池 予定地水場 

  • チャルホゴため池 予定地水田 

関連情報