災害リスク軽減のためのONEMI組織強化プロジェクト

(Institutional Strengthening of ONEMI for Capacity Development in Disaster Risk Reduction Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
チリ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2018年10月〜2021年4月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

チリは、地震、津波、火山噴火、洪水、森林火災などの自然災害が多い国のひとつです。内務公共治安省国家緊急対策室(ONEMI)では、1974年に設置されて以降、防災関係者の能力向上を図ってきましたが、2010年2月に地震・津波が発生した際には、災害対応を行う関係機関間での情報伝達や意思決定が適切に行われず、人命と経済に甚大な被害が生じました。この協力ではONEMIにおいて、防災機関として行うべき業務の優先付け、ナレッジマネジメントセンターのコンセプトと戦略の策定、防災人材育成・能力開発の構築を支援することにより、防災実施能力の強化を図り、「仙台防災枠組」の推進に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子