ミャンマー日本人材開発センタープロジェクト フェーズ2

(Project of Myanmar - Japan Center for Human Resources Development Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2018年4月〜2023年3月
事業
技術協力
課題
民間セクター開発

プロジェクトの紹介

ミャンマーでは、民主化や市場経済化の進展に伴い、国内経済が順調に発展しつつあります。一方、高度かつ国際的な経営知識や技術ノウハウを有する人材の確保と育成は喫緊の課題となっており、政府は経済の担い手となる人材の育成に取り組んでいます。この協力の前フェーズでは、ミャンマー日本人材開発センター(MJC)組織の立上げとビジネスコースの提供、日本の地方自治体や経済団体とのネットワーク作りを行いましたが、更なる組織体制の整備や広報・人事管理面での能力強化、日系企業とミャンマー企業のネットワーキング活動が課題です。この協力(フェーズ2)では、MJCの組織体制強化、講師育成、情報収集・発信力強化や関係機関との連携強化に貢献します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報