貧困削減に資するUXO Laoの実施能力強化プロジェクト

(The Project for Strengthening Operational Capacity of UXO Lao contributing to poverty alleviation)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ラオス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2019年1月〜2023年12月
事業
技術協力
課題
平和構築

プロジェクトの紹介

ラオスでは、ベトナム戦争中にアメリカ軍が投下したクラスター弾を含む大量の爆弾が不発弾として地中に残存し、経済発展を阻害しています。この協力では、政府の不発弾除去機関であるUXO Laoに対し開発重点地域や貧困地域の不発弾除去促進を目的として、専門家の派遣やカンボジア政府の地雷・不発弾対策機関であるCMAC(カンボジア地雷対策センター)をリソース機関として活用した南南協力などを通じ、透明性の確保を柱とした不発弾除去の年間活動計画の策定や除去活動のモニタリング能力強化を支援します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報