カガヤン・デ・オロ川流域洪水予警報システム改善計画

The Project for Improving Flood Forecasting and Warning System for Cagayan de Oro River Basin

実施中案件

国名
フィリピン
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2018年6月
供与額
12.78億円

プロジェクト紹介

フィリピンは自然災害リスクが高く、社会・経済計画に大きな影響をもたらしています。中でも北部ミンダナオ地域のカガヤン・デ・オロ川流域は、2009年以降立て続けに台風による洪水被害に見舞われ、2011年には熱帯暴風雨センドンにより、近隣地域も含めて被災者117万人、死者1,250人の甚大な被害を受けました。これらの災害発生状況に鑑み、同地域では洪水対策が課題となっています。この協力では、雨量観測装置、水位観測装置などを整備し、洪水予警報システムを改善することにより、同流域の洪水観測精度の向上を図り、対象地域の洪水被害の軽減と安定的な経済発展に寄与します。

協力地域地図

カガヤン・デ・オロ川流域洪水予警報システム改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 現地調査箇所の様子(水位・雨量観測局設置予定場所、ボルハ橋) 

  • 現地調査箇所の様子(水位・雨量観測局設置予定場所、ペラエス橋) 

  • 現地調査箇所の様子(水位・雨量観測局設置予定場所、リボラン) 

  • 現地調査箇所の様子(Xバンドレーダー雨量観測局設置予定場所、ポブラシオン) 

  • 現地調査箇所の様子(地質調査の様子、ポブラシオン) 

  • 現地調査箇所の様子(ミンダナオPAGASA地方管区) 

  • 現地調査箇所の様子(カガヤン・デ・オロ市災害リスク削減管理局) 

  • 現地調査箇所の様子(フィリピン気象天文庁オペレーションセンター) 

  • 現地調査箇所の様子(カガヤン・デ・オロ市庁舎の既存設備(CCTV)) 

  • 現地調査箇所の様子(カガヤン・デ・オロ川の既存設備(テレメータシステム)) 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。