ホニアラ国際空港整備計画

(The Project for the Improvement of the Honiara International Airport)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ソロモン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2018年6月
事業
無償資金協力
供与額
43.64億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

ソロモンのホニアラ国際空港は近隣諸国への玄関口であると同時に、国際線国内線のハブ空港として重要な役割を果たしています。しかし同空港は老朽化・劣化が進み、低地にある国内線ターミナルは雨季の集中豪雨時に床上浸水が発生しました。増加する航空需要に対応するとともに、安全性の向上および災害時の被害の軽減が課題となっています。この協力では、同空港の施設と関連機材の整備を行います。これにより、安全性の向上、将来的な航空需要の増加への対応および災害時の被害の軽減を図り、ソロモン諸島の持続的経済成長に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報