対ソロモン協力の方針・重点分野

JICAのソロモンに対する協力は、社会・経済基盤の強化を通じた持続的経済成長の達成と国民の生活水準の向上を目指し、「脆弱性の克服」「環境・気候変動」を重点分野としています。

1.脆弱性の克服

(1)インフラ整備

紛争後の再建を目指し、持続的な経済成長を促進するため、生活基盤・経済活動に必須な運輸・交通、電力・エネルギー、水供給などのインフラの整備への支援を行っています。

(2)産業振興

主要産業の育成や地域格差を是正するため、職業訓練や農業技術指導、また地方における産業活性化・農業振興等を支援しています。

(3)保健

地域医療サービスの向上や保健人材の育成を支援すると共に、地域住民の公衆衛生に関する啓蒙活動等を通じたヘルスプロモーションを行っています。

(4)教育

基礎教育に重点を置き、教育の質の向上と教育施設改善に対する支援を行っています。

【画像】

ギゾ病院「ギゾ病院再建計画」

【画像】

漏水探知に関するトレーニング「水道公社無収水対策プロジェクト」

【画像】

ホニアラ港完成予定図「ホニアラ港施設改善計画」

2.環境・気候変動

(1)防災

地震・津波・サイクロン・洪水等、自然災害のリスクに常にさらされているため、災害管理能力の向上を目指した機材整備、人材育成の支援を行っています。

(2)廃棄物管理

生活様式の変化と都市部への人口流入の結果、廃棄物管理に関する問題が深刻化しているため、ゴミ収集・処分場整備等の廃棄物管理改善やゴミ減量化に対する啓蒙・意識向上を支援しています。

【画像】

学校で実施した防災訓練「太洋州地域コミュニティ防災能力強化プロジェクト」

【画像】

家庭ごみ排出拠点実態調査「New3Rの理念を踏まえた官民協同による家庭ゴミの分別収集システム構築プロジェクト」

【画像】

廃棄物最終処分場(ホニアラ)「太洋州地域廃棄物管理改善支援プロジェクト」

さらに詳しく知りたい方は、以下のウェブサイトをご覧下さい。