気候変動問題へのJICAの取り組み

概要

JICAは、日本政府の政策を踏まえ、これまでにJICAが培ってきた開発途上国支援の経験・成果や日本の経験と技術を最大限活用し、1)持続可能な開発と気候変動への対応の両立、2)開発途上国の多様なニーズに応える包括的な支援、3)開発と気候変動の両分野におけるパートナーシップの推進、の3つの基本的な方針に基づき、開発途上国による緩和策、適応策、緩和策・適応策の実施を促進する仕組みに対する支援を積極的に展開する。

気候変動分野におけるJICAの協力の方向性(2016年9月)

気候変動の主流化への取り組み

気候変動対策支援ツール(JICA Climate-FIT)(英文はこちらから)

気候変動対策を支援する際の方針の検討やプロジェクトの形成に役立てるための参考資料

外務省:気候変動

最近の取り組み

COP20で多様な情報を発信

気候変動対策で島嶼国とのパートナーシップを強化

過去の取り組み

2013年度

COP19でJICAの気候変動への取り組みを紹介
アジア諸国向け気候変動政策対話を実施
インドネシア共和国気候変動政策セミナーの開催
第2回東アジア低炭素成長パートナーシップ対話サイドイベント「東アジア低炭素成長ナレッジ・プラットフォーム

(日時 2013年5月17日(金) 会場 イイノホール&カンファレンスセンター)

5月29日 ナレッジ・プラットフォームを通じて東アジア低炭素社会を実現

2012年度

NAMAs(途上国の適切な緩和行動:Nationally Appropriate Mitigation Actions)の実施に向けた資金協力
国際ワークショップ

(日時 2012年10月4日(木)会場 フィンランド・ヘルシンキ・北欧投資銀行ビル)

東アジア低炭素成長パートナーシップ対話サイドイベント「東アジア低炭素成長ナレッジ・プラットフォーム

(日時 2012年4月14日(土) 会場 国連大学 ウ・タント国際会議場)

2011年度

2010年度

JICAの事例紹介

気候変動対策室パンフレット

2015年度

JICAの気候変動に関する取り組み

JICA研究所の取り組み「研究領域:環境と開発/気候変動」