運輸交通

運輸交通

開発途上国では、道路、鉄道、港湾、空港などの運輸交通インフラの整備が遅れているために経済発展が進まず、貧困の大きな要因となっています。持続的な発展・成長と貧困対策のためには、国・地域の経済や人々の生活の基盤になる運輸交通インフラの整備が不可欠です。

運輸交通インフラの整備に対する需要は世界的に高く、老朽化した施設の維持管理や改修、更新のニーズも急増しています。運輸交通インフラの整備には多大な資金を要するため、財源確保が大きな課題です。限られた公的資金で必要なすべてのインフラを整備することは困難なため、民間資金の導入などさまざまな財源を確保し、運輸交通サービスを効率的に提供していくことが求められています。

さらに、国連で合意された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」(SDGs)(2015年9月)に貢献するためには、公共交通機関の導入や交通手段の転換を通じて、渋滞解消や物流効率化によるCO2削減、大気汚染物質の抑制など、相手国の環境社会配慮に対する取り組みや交通安全策を推進していくことも重要です。