防災

自然災害による経済被害は年々増加する傾向にあり、開発や貧困削減を進めるうえで阻害要因となっています。特に途上国では災害によって持続可能な開発が妨げられ、さらなる貧困が生まれてしまいます。そこでJICAは、日本の防災への取り組みの経験を踏まえ、災害が発生する前の予防段階における防災への支援を重視しています。

防災分野協力に対する考え

JICAの防災分野では主に2つのポイントから協力を実施しています。

1)仙台防災枠組2015−2030を推進する協力

第三回国連防災世界会議で成果文書として採択された「仙台防災枠組2015−2030」に基づき、4つの優先行動を基準とした協力を実施します。

2)各国のニーズに合わせた協力

JICAは日本のODA実施機関として、各国政府から出された協力要請に沿って支援を実施します。協力実施の際には、その国にとって最も効果的・効率的に災害による被害を防止及び、災害リスクを削減するよう取り組みます。