全国早期警報システム導入及び防災通信能力強化計画

(The Project for Introduction of Nationwide Early Warning System and Strengthening)

【写真】プロジェクトの様子

国名
トンガ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2018年6月
事業
無償資金協力
供与額
28.37億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

トンガはサイクロンや地震の脅威にさらされ、それに伴う津波発生リスクが高い環境にあります。トンガ気象局から情報配信機関や住民への情報伝達に必要な機器には不足があり、またトンガ放送局の設備も老朽化しているため、離島への連絡体制が不十分で、住民避難にかかる対策に遅れが出ています。この協力ではトンガ全土において、防災無線システム、音響警報システムおよびトンガ放送局の機材・施設の整備を行うことにより、防災体制の強化を図ります。これにより、津波警報の住民への到達所要時間が最大90分から8分以下に、津波ハザード地域におけるサイレン音到達人口が約1万3千人から約6万7千人に改善すると見込まれています。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報