灌漑計画・設計・施工管理能力強化プロジェクト

Project for Capacity Enhancement on Irrigation Planning, Design, and Construction Management

実施中案件

国名
ブータン
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2020年5月〜2025年4月

プロジェクト紹介

ブータンにおいて、農業は就業人口の6割以上が従事する、同国の基幹産業の一つです。しかし、同国は国の大部分が険しい山岳地域であることから、農業生産性が低く、主食である米の自給率は約5割であり、食糧安全保障の向上が課題となっています。また、全耕作面積のうち6割において天水農業が行われている等、豊富な水資源を効率的に活用できていません。その要因として、標高 2,000m以上の山岳・丘陵地帯が85%を占める国土における渓流河川を取水源とした灌漑施設の計画設計施工は難易度が高いこと、同国には計画設計基準が存在しないこと、大学での農業土木(灌漑)に係る実践的な能力開発の機会が不足しているために、技術者の技術レベルが低いことなどが挙げられます。本協力は、灌漑開発に係る基準書及び関連マニュアルの策定、モデル灌漑スキーム建設を通した灌漑開発技術者へのOJTの実施、及び地方技術者への研修の実施により、灌漑技術者の灌漑開発・計画設計・施工管理に係る能力強化を図り、同国による持続的な灌漑開発の推進に寄与します。

協力地域地図

灌漑計画・設計・施工管理能力強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ブータンの灌漑施設の様子 

  • 灌漑地区にてカウンターパートと議論する様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。