ラオス日本センタービジネス人材・ネットワーキング強化プロジェクト

Project for the Capacity Development of Business Professionals and Networking through LJI

実施中案件

国名
ラオス
事業
技術協力
課題
民間セクター開発
協力期間
2019年9月〜2022年8月

プロジェクト紹介

ラオスは、1986年に「新経済メカニズム」を導入し、経済改革に伴った計画経済から市場経済への路線転換を開始し、2010年代以降は平均年7%以上の成長率を達成しています。一方、同国は内陸国、小規模な人口(約668万人)、希薄な人口密度、インフラ整備の遅れによる国内市場の未統合、といった経済開発上の制約を抱えています。さらに、若年層人口の急激な増加が続いており、労働人口の増加に伴う雇用の創出、そして今後の経済成長や海外からの直接投資を支える産業人材の育成が重要な政策課題となっています。本協力は、ビエンチャン及びその周辺地域において、ラオス日本センター(LJI)の産業中核人材育成事業、及び企業向け情報提供・支援ネットワークの拠点としての組織体制の強化を行うことにより、LJIが産業中核人材育成及び企業向け情報提供・支援ネットワークの拠点となり、LJIで育成されたビジネス人材によって、日・ラオスの経済関係の強化に寄与します。

協力地域地図

ラオス日本センタービジネス人材・ネットワーキング強化プロジェクトの協力地域の地図

協力現場の写真

  • MBAネットワーキングイベント 

  • MBA生のタイ研修 

  • Business planning研修 

  • 経営塾生の研修1 

  • 経営塾生の研修2 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。