第2回TOT研修を実施しました(2023年11月30日~12月7日)

対象省・市のPPMU(Provincial Project Management Unit)、農協メンバーの代表など約40名の参加のもと、TOT(Training of Trainers)研修が開催されました。SHEP(Smallholder Horticulture Empowerment and Promotion、市場志向型農業振興)に基づいたマーケティング活動と、GAP(Viet GAP, Basic GAP)および農協マネジメントを題材とした各2日間の研修が行われました。TOT研修では、講義形式、グループディスカッション、実演・実習、ロールプレイなどを通して、参加者は積極的に取り組み、理解を深めることが出来ました。

今回の参加者の中には、昨年行われたTOF(Training of Farmers)研修参加後に対象農協へのTOF研修を企画・実施し、復習と最新のプロジェクト活動の確認のためにTOT研修を再受講したPPMUメンバーも多く見られました。彼らがフィールドでの活動を通じた疑問や経験を共有することで、初受講のPPMUや他の参加者との貴重な意見交換の場となりました。加えて、対象農協の代表がプロジェクト活動を通じたマーケティングと生産活動の変化と現状や今後の計画を紹介し、参加者は興味深く聞いていました。

TOT研修では、繰り返しSHEPアプローチを説明することでプロジェクトの全体像と活動ステップの理解を促し、生産者が〝作って売る〟から〝売るために作る〟の考えにシフトすることの重要性が強調されました。

参加者からは、「TOT研修は新しい知識習得の場だけではなく、実地経験を通じた教訓などが共有される貴重な機会であった。」、「研修全体の企画は良くまとめられており、教材も分かりやすいもので今後の業務に有効な内容であった。」など、良い評価が多く寄せられました。研修終了後には、参加者全員へ修了証が授与されました。

プロジェクトでは、参加者の対象省での現場活動をモニタリングするとともに、状況に応じてフォローアップを行い、農業普及員の能力向上と農協経営の強化を支援します。

【画像】

GAP講義の様子

【画像】

残留農薬クイック検査のデモンストレーション(生産・GAP TOT研修)

【画像】

SHEP講義の様子

【画像】

参加者による集合写真(生産・GAP TOT研修)

【画像】

マーケティング講義の様子

【画像】

対象農協の代表による経験共有(マーケティング TOT研修)

【画像】

グループディスカッションの様子(マーケティング TOT研修)

【画像】

修了証を受領した参加者(マーケティング TOT研修)