幹線道路橋梁再建計画(第2期)

The Project for Reconstruction of Bridges on Main Roads

国名
モザンビーク
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
運輸交通
交換公文(E/N)署名
1997年7月
供与額
30.03億円

プロジェクト紹介

内戦で多くの社会インフラ施設が破壊されたモザンビーク。道路や橋梁の保守管理が十分に行われなかったため各州間の交通機能が麻痺し、輸送コストの増大に加えて国内産業の荒廃を招きました。また、和平協定の成立による難民の帰還を進める上でも、道路網の修復・定期保守が必要となっています。この協力では、主要幹線道路上の橋長10メートル以上の橋梁再建(第1期に3橋梁整備、第2期に9橋梁整備と1落橋の撤去)を支援しました。これにより、物流および人の移動が活性化され、同国の経済の復興に寄与しました。

協力地域地図

幹線道路橋梁再建計画(第2期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • Natete(ナテテ)橋(ナンプラ州)。モザンビーク北部のナカラ回廊上の橋梁である。Natete橋は、州都ナンプラから西に約111キロメートルの地点にある。 

  • Namilate(ナミラテ)橋(ザンベジア州)。国道1号線上にあり、ナンプラから約330キロメートルの地点にある。撮影時間は昼12時過ぎで、学校帰りの小学生、中学生や自転車の人たちが橋を渡っていた。 

  • Namilate(ナミラテ)橋の銘鈑。 

  • Marata(マラタ)橋(ザンベジア州)。国道1号線上にあり、ナンプラから約363キロメートルの地点にある。 

  • Marata(マラタ)橋。昼1時前後の様子。自転車、車両、人々が徒歩で行きかっている。 

  • Bilila(ビリラ)橋(ザンベジア州)。キリマネから約54キロメートルの地点にある。 

  • Bilila(ビリラ)橋。朝8時過ぎの様子。徒歩、自転車、車両で移動する人が後を絶たない。 

  • Munhonha(ムニョニャ)橋(ザンベジア州)。キリマネから約57キロメートルの地点にある。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。