外国直接投資促進事業(第二期)

(Foreign Direct Investment Promotion Project (2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2019年5月
事業
有償資金協力
借款契約額
211.47億円
課題
民間セクター開発

プロジェクトの紹介

バングラデシュは近年、平均で6パーセント以上の経済成長を達成しています。成長の原動力は輸出の約8割を占める縫製業ですが、持続的な経済成長を達成するため、縫製品輸出依存から脱却し、他の製造業の付加価値を高め、輸出競争力の高い産業の育成が必要です。そのためには高い競争力を伴う外国直接投資の促進が有効です。この協力では、バングラデシュにおける日本向け経済特区の開発事業などの実施や、事業資金を供与することを通じて不十分な金融アクセスや不足したインフラ、煩雑な行政手続きなど、投資環境を改善することにより、外国直接投資の促進を図り、同国の経済発展に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報