小規模水資源開発事業

(Small Scale Water Resources Development Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2007年12月
事業
有償資金協力
借款契約額
53.13億円
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

バングラデシュでは、年間雨量の80パーセントが集中する雨季(6月から10月)に洪水が頻発し、特に貧困層の土地、家屋、農用地が流失しています。さらに乾季には、かんばつにより最大で30パーセントの農業生産の低下がおきています。このような条件の中、洪水被害の軽減および湛水期間の短縮を図り、限られた農地の生産性向上、ため池などを有効活用した養殖産業が注目されています。この協力では、同国北東部および中部において、ため池などの小規模水資源管理のためのインフラ整備(湛水防除・排水・表流水貯留・灌漑整備)を行いました。これにより、水資源の有効活用による農業、漁業の振興を図り、同地域の経済社会発展と貧困削減に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報