小規模農家農業生産性向上・多様化振興融資事業

(Small and Marginal Sized Farmers Agricultural Productivity Improvement and Diversification Financing Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2014年6月
事業
有償資金協力
借款契約額
99.30億円
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

バングラデシュにおける農業は、GDPの約17パーセントを占め、就業人口の約45パーセント(2012年)が従事する重要な産業です。穀物については自給率100パーセントを達成していますが、都市化の影響による耕作地の減少と人口増加にともなう食糧需要の増加のため、生産性を高める必要があります。一方、農家の生計向上のために作物の多様化も進めていく必要があり、政府による農業融資が拡充されています。しかし、これらは主に担保を必要とする銀行融資であるため、主要な生産者である小規模・零細農家は融資を得にくい状況です。この協力では、マイクロファイナンス機関による融資を支援することで、小規模・零細農家の金融アクセスを改善します。また、マイクロファイナンス機関を通して借入農家に対する技術指導を行い、農業生産性の向上を支援します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報