ニロート上水道整備事業

Niroth Water Supply Project

国名
カンボジア
事業
有償資金協力
課題
水資源・防災
借款契約(L/A)調印
2009年3月
借款契約額
35.13億円

プロジェクト紹介

カンボジアの上水道は1991年の内戦終了後、首都プノンペン市を中心に整備が進みましたが、プノンペン市周辺地域では、人口拡大に伴う水需要に対応できるような給水施設は整備されていませんでした。この協力では、フランス開発庁(AFD)と共にカンダール州を含むプノンペン都市圏に、新たに13万トン規模の上水道施設(浄水場、処理水管、汚水管)を整備しました。これにより、安全かつ安定的な上水道サービスの提供を図り、もって、プノンペン市および周辺地域の貧困層を含む住民の生活環境の向上と投資環境の改善に寄与しました。

協力地域地図

ニロート上水道整備事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 薬品注入機の点検をするプノンペン水道公社(以下、PPWSA)職員:浄水場の建設とともに、施設の管理や点検を行う職員の育成をPPWSAが実施。事前の準備により運営がスムーズに行われている。 

  • ニロート浄水場の外観:水をイメージしている波打つ屋根は、東南アジアの強い日差しを遮断し、凝集沈殿池に藻が発生するのを抑える役割がある。 

  • ニロート浄水場の送水ポンプ室:大型ポンプが6台採用された。このポンプから市内へきれいになった水が運ばれ人々の家へとつながる。 

関連情報