カニャベラル及びリオ・リンド水力発電増強事業

Canaveral and Rio Lindo Hydropower Strengthening Project

実施中案件

国名
ホンジュラス
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
2015年3月
借款契約額
160.00億円

プロジェクト紹介

ホンジュラスは、順調な経済成長を背景に電力需要が増加し、発電能力の増強が必要となっています。最も古い水力発電所であるカニャベラル、リオ・リンド両水力発電所の出力は国内3位、2位の設備容量で、同国では安価かつ安定的な電源として、極めて重要な位置を占めています。しかしながら、1993年に両発電所の大規模なメンテナンスが行われて以来、大規模な補修・増強は行われておらず、経年劣化による摩耗や漏水が見られます。この協力では、両水力発電所の改修および増強を支援します。これにより、同国の再生可能エネルギーによる発電能力を維持・増強し、安定的かつ安価な電力供給確保による持続的な経済成長と、気候変動の緩和に寄与します。

協力地域地図

カニャベラル及びリオ・リンド水力発電増強事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • カニャベラル水力発電所:現在稼動中の発電機2基 

  • カニャベラル水力発電所:現在稼働中のコントロールパネル 

  • カニャベラル水力発電所:現在稼働中のガバナー(調速機) 

  • カニャベラル水力発電所:水圧鉄管路、発電所および放水路 

  • カニャベラル水力発電所:現在稼働中のバルブ 

  • リオリンド水力発電所:現在稼働中のコントロールパネル 

  • リオリンド水力発電所:全体外観 

  • リオリンド水力発電所:現在稼動中のバルブ 

  • リオリンド水力発電所:現在稼働中の発電機4基 

  • リオリンド水力発電所:発電所および放水路 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。