ヤムナ川流域諸都市下水等整備事業(2)

YAMUNA ACTION PLAN PROJECT(2)

終了案件

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
環境管理
借款契約(L/A)調印
2003年3月
借款契約額
133.33億円

プロジェクト紹介

インドでは急激な都市化・工業化に伴う人口増加により、河川の自然浄化力を上回る下水が垂れ流しになっています。そのため、沐浴に利用され、同時に上水源としての役割も担っているヤムナ川の水質汚染が生じ、流域諸都市住民の衛生環境や健康上の問題を招いています。この協力(第2期)では、デリーおよびアグラにおける下水処理場の新設・増設、下水管の敷設・補修などを支援しました。これにより、下水処理能力の改善を図り、流域諸都市の衛生環境、および住民の健康状態の改善に寄与します。

協力地域地図

ヤムナ川流域諸都市下水等整備事業(2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ヤムナ川は、生活用水、農業用水として利用されているが、近年の都市化や工業化に伴い、水質汚染が問題となっている。(写真提供:船尾 修) 

  • 本事業では、下水処理施設や公衆衛生施設の整備を通じ、ヤムナ川の水質保全を図る。ヤムナ川は、タージ・マハルで有名なアグラ市も流れている。(写真提供:船尾 修) 

  • ヤムナ川は神聖な川として、多くの住民が沐浴に訪れるなど、地域住民の生活に根付いている。 

  • ヤムナ川の水は、牛や象など周囲に住む動物の飲料水にもなっている。(写真提供:船尾 修) 

  • 完成したデリーの下水処理場(下水に含まれる大きなゴミを取り除く施設) 

  • 完成したデリーの下水処理場(下水に含まれる粒子を沈殿して取り除く施設) 

  • 完成したデリーの下水処理場(空気を吹き込むことで微生物の活動を活性化させ、下水に含まれる不純物を取り除く施設) 

  • 完成したアグラの下水処理場(微生物の活動により下水に含まれる不純物を取り除く施設) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。