オリッサ州総合衛生改善事業

Orissa Integrated Sanitation Improvement Project

終了案件

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
環境管理
借款契約(L/A)調印
2007年3月
借款契約額
190.61億円

プロジェクト紹介

インドでは都市部への急激な人口流入や工業化に対して下水道整備が追いついていないため、汚水が未処理のまま河川へ排出されており、河川の水質汚濁と都市部の生活環境の悪化が深刻です。この協力では、貧困率が最も高いインド東部オリッサ州の州都ブハネシュワール市及びカタック市において、下水道施設、雨水排水施設の整備等を行うことにより、安定的な下水道サービスの提供を通じて地域住民の衛生・生活環境改善を支援しました。また、この事業によるスラムへのトイレなどの衛生施設の設置により、都市貧困層への裨益も期待されます。

協力地域地図

オリッサ州総合衛生改善事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 社会開発コンポーネントの一環として建設されたコミュニティトイレ 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。