ホゲナカル上水道整備・フッ素症対策事業(フェーズ2)

(Hogenakkal Water Supply & Fluorosis Mitigation (Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
インド [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2009年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
170.95億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

インド南部に位置するタミルナドゥ州の北西地域では、降水量がインド平均より少なく、慢性な水不足が生じていました。加えて地下水には、人体に有害なフッ素が含まれており、安全な表流水を供給することが急務とされていました。この協力では、同地区から45キロメートル離れたコーベリ川のホゲナカル地点に上水道施設の新設を行うとともに、フッ素症患者に対する食事指導や医師や教員へのフッ素症についての研修を支援しました。これにより急増する水需要に対応する安全で安定した上水道サービスの提供を図り、同地域の住民の生活環境と健康状態の改善に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報