ホゲナカル上水道整備・フッ素症対策事業(フェーズ2)

Hogenakkal Water Supply & Fluorosis Mitigation (Phase 2)

終了案件

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
水資源・防災
借款契約(L/A)調印
2009年3月
借款契約額
170.95億円

プロジェクト紹介

インドのタミルナドゥ州のクリシュナギリ地区およびダルマブリ地区では、人口増加に伴って水需要が増加していましたが、年間降水量が少なく、通年で利用可能な表流水もないため、地下水の過剰汲み上げや枯渇等をもたらし、慢性的な水不足が生じていました。また、両地区の地下水には、人体に有害なフッ素が含まれており、安全な表流水を供給することが急務とされていました。この協力では、両地区において、コーベリ川を水源とする上水道施設の新設およびフッ素症対策の活動を行うことにより、急増する水需要に対する安全かつ安定的な上水道サービスの提供を図りました。また、インド全国で初めてフッ素症対策に包括的に組み込んだ給水事業であり、将来におけるフッ素症の発症の減少も見込まれます。

協力地域地図

ホゲナカル上水道整備・フッ素症対策事業(フェーズ2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で建設された水処理プラント 

  • 処理済みの安全な飲用水 

  • 村に設置された給水栓 

  • 歯牙フッ素症を治療して笑顔が戻る 

  • 建設された貯水タンク 

関連情報