ビハール州国道整備事業(フェーズ2)

Bihar National Highway Improvement Project(Phase 2)

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2014年1月
借款契約額
214.26億円

プロジェクト紹介

インドの最貧州の一つであるビハール州は、2000年代以降の治安の改善や輸送インフラに対する公共投資の拡大を背景に目覚ましい経済成長を遂げています。これまで、日本は、同州を平行して横断する2つの主要国道を繋ぐ役割を果たしている国道83号線の整備を実施してきましたが、この協力(第2期)では、主要幹線道路である国道82号線(ガヤ~ビハールシャリフ)の4車線化と本線道路約93キロメートル(うちバイパス約11キロメートル)、橋梁建設39か所、サービス道路約16キロメートル、交差点27ヵ所の整備などを支援します。これにより、旅客貨物輸送の効率の改善や同州の観光産業の発展に寄与することが期待されます。

協力地域地図

ビハール州国道整備事業(フェーズ2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 国道82号線ゴリタリ 

  • 国道82号線起点 

  • 国道82号線沿いのトゥンギ市場 

  • パンチャンウェ川にかかる国道82号線の既存橋梁 

  • 国道82号線沿いの町シラオ 

  • 国道82終点シャヒド・ジャグデブ・チャウォック(ビハール・シャリフ) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ