新・再生可能エネルギー支援事業(フェーズ2)

(New and Renewable Energy Development Project(Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
インド [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2014年9月
事業
有償資金協力
借款契約額
300.00億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

インドでは、エネルギー供給源の57パーセントを石炭火力発電が占めています(2012年時点)。経済成長に伴い増大するエネルギー消費量に対し、CO2排出削減と電源の多様化を進めるために、同国政府は、新・再生可能エネルギー(風力、太陽光、コジェネレーション、バイオマス等)の普及に努めていますが、全発電容量に占めるその割合は13パーセントにすぎません(2013年時点)。この協力では、前フェーズに続き、インド再生可能エネルギー開発公社を通じて発電事業者等に対し、新・再生可能エネルギー開発事業に必要な中長期資金を供給することにより、増加する電力需要に応じた安定的な電力供給の確保および電力供給源の多様化を図ります。これにより同国の環境改善、持続的な経済発展および気候変動の緩和に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報