地方インフラ整備事業(3)

RURAL AREAS INFRASTRACTURE DEVELOPMENT PROJECT(3)

国名
インドネシア
事業
有償資金協力
課題
都市開発・地域開発
借款契約(L/A)調印
2001年7月
借款契約額
200.39億円

プロジェクト紹介

1997年のアジア通貨危機により経済成長が停滞したインドネシア。同時に発生したインフレと失業率の増加により貧困人口は一気に5000万人台へと膨れ上がり、貧困率も農村部で26パーセントと1980年代の水準にまで引き戻されました。この協力(第3期)では、14州の地方村落における道路・橋梁などアクセス用インフラ、簡易上水道・衛生関連施設、小規模灌漑施設の建設を支援しました。これにより貧困層の自立能力向上に貢献し、支援対象となった14州の貧困人口は、開始前の1999年の水準から平均値で約200万人、約14パーセント減少しました。

協力地域地図

地方インフラ整備事業(3)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 建設中の灌漑水路 

  • 本協力で完成した灌漑水路 

  • 住民の手によって完成した橋(西ヌサテンガラ州) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ