小規模灌漑管理事業(4)

DECENTRALIZED IRRIGATION SYSTEM IMPROVEMENT PROJECT

国名
インドネシア
事業
有償資金協力
課題
農業開発/農村開発
借款契約(L/A)調印
2002年10月
借款契約額
270.35億円

プロジェクト紹介

インドネシアでは、1984年に米の自給達成が宣言されましたが、その後の人口増加やコメ消費量の増加、ジャワ島における農地の減少などの様々な要因のため、近年、米の生産不足が顕在化してきています。また地域格差の是正や貧困緩和の観点からも、東部インドネシアでの灌漑施設の整備が重要になっていました。この協力では、東部インドネシア8州を対象に、灌漑施設の新設・改修を支援しました。これにより米を中心とした食糧の増産を図り、地域開発および貧困削減を図りました。

協力地域地図

小規模灌漑管理事業(4)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 整備された灌漑施設 

  • 整備された灌漑施設 

  • 田植えの様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。