バガヌール・シベオボ炭鉱開発事業

BAGANUUR AND SHIVEE-OVOO COAL MINE DEVELOPMENT PROJECT

終了案件

国名
モンゴル
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
1997年2月
借款契約額
58.27億円

プロジェクト紹介

モンゴルでは、石炭を一次燃料として電力と熱の供給をしており、国内で生産される石炭の約70~80パーセントが発電所で使用されています。しかし主要な炭鉱における機器の老朽化などにより、石炭の生産量が減少したため、エネルギーの安定供給に支障を来しました。この協力(第1期)で日本は、同国最大のバガヌール炭鉱と、シベオボ炭鉱に対し、採炭機器などの設備増強を支援しました。この協力により、石炭の生産能力と品質の向上を図り、モンゴルの経済発展に寄与しました。

協力地域地図

バガヌール・シベオボ炭鉱開発事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本協力対象であるバガヌール炭鉱 

  • 本協力対象であるバガヌール炭鉱 

  • 本協力対象であるシベオボ炭鉱 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。