ウランバートル第4火力発電所改修事業(2)

REHABILITATION PROJECT OF THE 4TH THERMAL POWER PLANT IN ULA

終了案件

国名
モンゴル
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
2001年3月
借款契約額
61.39億円

プロジェクト紹介

モンゴル最大規模のウランバートル第4火力発電所は、旧式システムのため燃焼効率が悪く、多量の石炭を消費するため、大気汚染が深刻化していました。また、熱供給用温熱水の温度低下が頻発するなど、市民生活に深刻な影響を及ぼしていました。この協力(第2期)では、ボイラーの直接燃焼方式への転換、自動制御システムの改修を支援しました。これによりボイラーの故障による停止が大幅に減少して稼働率が向上、発電量が大幅に増加し、首都圏の電力の安定供給に寄与しました。また石炭消費量・二酸化炭素排出量の削減にも寄与しました。

協力地域地図

ウランバートル第4火力発電所改修事業(2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本事業により改修されたウランバートル第4火力発電所 

  • 本事業により改修されたウランバートル第4火力発電所 

  • 本事業により改修されたウランバートル第4火力発電所(コントロールルーム) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ