パハン・スランゴール導水事業

(PAHANG-SELANGOR RAW WATER TRANSFER PROJECT)

【写真】プロジェクトの様子

国名
マレーシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2005年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
820.40億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

マレーシアのスランゴール州および隣接する首都クアラルンプール(特別州)は、人口約473万人を擁する同国政治経済の中心であり、経済成長および人口増加に伴い水の消費量が増加していることから、水需要に対応するため、新たに水源を確保することが喫緊の課題となっています。この協力では、マレー半島東部に位置するパハン州においてダム建設などの水資源開発を行うとともに、隣接するスランゴール州までの約45キロメートルにおよぶ導水トンネルの建設を支援します。これにより、同地域における水供給の課題の解消が期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報