貧困削減地方開発事業(フェーズ1)

Regional Development Project for Poverty Reduction Phase 1

国名
ミャンマー
事業
有償資金協力
課題
都市開発・地域開発
借款契約(L/A)調印
2013年6月
借款契約額
170.00億円

プロジェクト紹介

ミャンマーの地方部では、電化率が16パーセントにとどまるなどインフラ整備が遅れています。同国では、貧困層の85パーセントが地方部に居住しているため、インフラ整備の遅れが地方部における経済活動を妨げ、貧困削減の阻害要因となっています。この協力では、同国7地域および7州において、緊急性の高い生活基盤インフラ(道路、電力、給水)の新設・改修を支援します。これにより、対象地域の住民の生活向上を図り、同国地方部の開発・貧困削減に寄与します。

事業評価

協力現場の写真

  • 既存の地方道路(ヤンゴン地域ダラ地区) 

  • 既存の地方橋梁(ヤンゴン地域ダラ地区) 

  • 既存のディーゼル発電機(ラカイン州シトウェー) 

  • 既存の地方給水(ラカイン州シトウェー) 

  • 舗装された道路(ヤンゴン地域コムー地区) 

  • 舗装された道路(エーヤワディ地区ザルン地区) 

  • 新しく建設された変電所(カチン州モニン地区) 

  • 新しく建設された浄水場(エーヤワディ地区ピャポン地区) 

関連情報