ヤンゴン環状鉄道改修事業

(Yangon Circular Railway Line Upgrading Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2015年10月
事業
有償資金協力
借款契約額
248.66億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

ミャンマーのヤンゴン市は、人口約510万人を抱える同国最大の商業都市です。同市内には総延長約46キロメートルの区間に38の駅を持つヤンゴン環状線があり、一日当たり122本の列車が運行されていますが、施設や機材、車両の老朽化が進み、列車走行速度の低下や遅延、脱線事故などが頻発しています。この協力では、同環状線44キロメートル区間の信号システムの更新と新規車両の整備を支援します。これにより、効率的な旅客輸送能力の増強と安全で快適な公共交通サービスの向上を図り、ヤンゴン都市圏の社会経済活動の活性化に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報