ヤンゴン・マンダレー鉄道整備事業(フェーズ2)(第一期)

(Yangon-Mandalay Railway Improvement Project Phase 2(1))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2018年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
566.22億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

ミャンマー最大の商業都市ヤンゴン、首都ネピドー、第二の商業都市マンダレーを鉄道で結ぶ重要路線であるヤンゴン・マンダレー線は、旅客・貨物の輸送需要が高まる一方で、列車の走行速度低下や遅延、脱線事故などが生じ、輸送サービスの低下が課題となっています。既存鉄道路線のうちヤンゴン・タングー間の整備を行ったフェーズ1に続き、この協力(フェーズ2)では、タングー・マンダレー間において、老朽化した施設・設備の改修・近代化を支援します。これにより、より安全で高速の列車運行と旅客・貨物の輸送能力増強を図り、同国の経済発展に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報