国鉄通勤南線活性化事業

(IMPROVEMENT AND MODERNIZATION OF COMMUTER LINE SOUTH PROJECT)

【写真】プロジェクトの様子

国名
フィリピン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1991年7月
事業
有償資金協力
借款契約額
20.05億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

フィリピンの首都圏マニラは、急速な人口増加や都市化が進んでいます。そのマニラ中心地を南北に縦断しているフィリピン国鉄(PNR)通勤線は、住民にとって潜在需要の高い交通手段です。しかし、ディーゼル車両の不足や線路・鉄道橋の老朽化など、列車運行を阻害する要因があることが問題となっていました。この協力では、国鉄通勤南線(全長56.6キロメートル)において、線路、鉄道橋などのリハビリを支援しました。これにより、一日の利用客数の引き上げや、慢性的渋滞に悩む同首都圏住民の交通利便性の向上に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子