バタンガス港開発事業

(BATANGAS PORT DEVELOPMENT PROJECT)

【写真】プロジェクトの様子

国名
フィリピン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1991年7月
事業
有償資金協力
借款契約額
57.88億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

フィリピン政府は1980年代から、メトロマニラの南方110キロメートルに位置するバタンガス港を、マニラ港に次ぐ第二の大規模港湾とする開発を計画していましたが、当時のバタンガス港は、接岸施設や後背地が極めて狭く混雑しており、効率的な港湾運営が不可能な状況でした。この協力(第1期)では、同港における接岸施設やターミナルなどの建設を支援しました。これにより、同物流の促進・効率化による周辺地域の開発の促進、交通環境の改善を図りました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報