バタンガス港開発事業(2)

BATANGAS PORT DEVELOPMENT PROJECT(PHASE 2)

終了案件

国名
フィリピン
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
1998年9月
借款契約額
145.55億円

プロジェクト紹介

フィリピンのバタンガス港は一定の水深があり、船が悪天候を避けやすい地形のため、大規模港湾の開発に有利な条件を備えています。そこで1980年代から、同港にいくつかの地域開発促進機能を持たせるべく、大規模な港湾開発が計画されました。日本は、第1期事業で、老朽化した施設の整備・拡張を支援し、この協力(第2期)では、外貿コンテナ貨物取扱可能な国際貿易港への拡張を支援しました。これにより、同国の物流の効率化に寄与しました。

協力地域地図

バタンガス港開発事業(2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力でバタンガス港に整備されたラバー・タイヤ・ガントリー・クレーン 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。