ピナツボ火山災害緊急復旧事業

PINATUBO HAZARD URGENT MITIGATION PROJECT

国名
フィリピン
事業
有償資金協力
課題
水資源・防災
借款契約(L/A)調印
1996年3月
借款契約額
69.11億円

プロジェクト紹介

1991年6月、フィリピンのマニラ首都圏から北方約90キロメートルに位置するピナツボ火山が460年ぶりに噴火し、大量の火山灰が周辺地域に降り注ぐという大災害が発生しました。約2万世帯が避難を余儀なくされ、火山泥流によって道路や家屋に多大な被害が出ました。日本は、緊急を要する被災地域において、道路の復旧や幹線道路交通網の確保を支援しました。またサコビア・バンバン川流域での砂防・治水施設(サンドポケット)の増強・建設などを行い、火山泥流堆積域の拡大を防ぎました。

協力地域地図

ピナツボ火山災害緊急復旧事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本事業で整備したマスカップダム 

  • 本事業で修復したバンバン橋 

  • 本事業で実施したバンバン川護岸補強 

  • 事業を実施した公共事業道路省(DPWH)の中にあるピナツボ火山災害緊急復旧事業管理事務所 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。